ブログ ライフプラン

モノ・サービス・時間の戦略的な「節約」

投稿日:

個人事業主や一部の会社員のみなさんは今週末3月15日が確定申告の提出期限ですね。もう提出を終えた方、今まさに仕上げている方様々だと思います。ご存知のように提出方法は「税務署に直接提出」「郵送する」「e-Tax」と3つの方法があります。e-Taxを選ぶと24時間好きな時にネットで送信すればいいだけです。紙ベースでの提出と比べ処理も早く還付申告だと3週間程度で受けることができるようです。時間とお金のコストを比べてみてみると。

「税務署に直接提出」

  • 時間:税務署までの往復の時間、並ぶ時間、書類を印刷する時間、書類を添付する時間
  • お金:税務署までの交通費

「郵送する」

  • 時間:郵便局、ポストまでの往復の時間、書類を印刷する時間、書類を添付する時間
  • お金:郵便局、ポストまでの交通費、郵送代

「e-Tax」

  • 時間:ソフトをダウンロードする時間、ネットで送るための時間
  • お金:かからない

税務署にとっても紙ベースで届いた確定申告書を封を開けて、職員の方が手作業で一つ一つ確認する作業にかかる時間と人件費がかかります。電子データで届いたものを処理することで発生する時間とお金というコストは大幅に削減することができます。AI、IoT(Internet of Things)、ICT(Information and Communication Technology)、Fintechfinancial technology)などの技術革新でさらにこの流れは加速していくのでしょうね。

いつになるかは分かりませんが、マイナンバーなどの普及により所得から支出まであらゆるデータが統合されて所得税が自ずと確定する。そうなると確定申告自体の必要性がなくなるかもしれませんね。そうすると先ほど書いたような確定申告にかかる時間とコストは一切発生しなくなります。反面その部分の雇用は失われることになりますが・・・

 

時代の変化を知って自分の生活に取り入れてみる!

ほんとに科学技術の進歩ってすごいですね。時代はどんどん変化しているとひしひし感じます。AI、IoT、ICTという言葉やその技術の進歩で生み出されるモノやサービスについてニュースや新聞で見ない日はありません。その「変化」は私達の意志によらず生活に変化をもたらします。そうせなら自分の生活に積極的に取り入れることで、時間とコストを節約することができ、他のことに使うことができる。可処分時間が増えることになります。

 

可処分時間ってなに?

可処分時間って何でしょう?可処分所得と考え方は同じで、可処分時間とは自由に使える時間のことです。

*「可処分所得」個人の家計収入から、支払いを義務づけられている税金や社会保険料などの非消費支出を差し引いた金額のことです。要は自分が自由に選択して使えるお金のことです。可処分所得と可処分時間も考え方は同じで、自由に使える時間のこと。

先日の日経新聞にも話題が掲載されていました。北欧のエストニアでは、買い物がセルフレジでのカード決済でレジに並ぶことがなくなり、税の申告から薬の処方箋の発行など公的手続きの99%がオンラインで済むそうです。結果一人当たり年間平均2週間分の時間の余裕が生まれたとのこと。不要になった役所仕事はのべ1400年分。すごいですね。

人口減少による労働人口の減少への対応が課題の日本としてはAI、IoT、ICTの活用が欠かせない。そうなると政府や企業の後押しもありこの流れは進んでいくでしょうね。世の中の人みんながこの変化についていけるわけではないし、活用できるわけではないので社会的なインフラとしてそこは考える必要はあると思いますが・・・

 

何のため?

情報はあふれています。AI、IoT、ICTの技術革新やそれに伴う変化に関するニュースが常に流れています。「あれもいい」「これもいい」「やったほうがいい」「取り残されるよ」など情報に左右されがちです。私もいいと言われたら内容を調べたり、やってみたくなります(笑)

「可処分時間を増やすことができる手段」であっても全員にとって必要かどうかは分かりません。自分にとって必要な手段であるか?取り入れることでゆたなな生活、望む人生を送ることができる手段であるか?それは自分の人生設計(ライフプラン)を基準に選択できます。「自分がどう生きたいか」「生活していきたいか」そこに可処分時間を増やす有効な手段であれば取り入れていきたいですね。

 

ちなみに私はAI、IoT、ICTからは程遠い大自然の中で自給自足の生活をするのが一つの夢です!果たしてAI、IoT、ICTの技術革新は活かせるのでしょうか(笑)

 

-ブログ, ライフプラン

Copyright© 傍楽FPクリニック , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.