未分類

子どもが中学校に入学。これから費用はいくら用意すればいいの?

投稿日:

4月から子どもが幼稚園、小学校、中学校に入学。子どもも親もちょっとした緊張感もありながら新たな生活がスタートしていることでしょう。今子どもが幼稚園や小学校に通っている方も何年後かには中学生ですね。中学校生活でかかる費用や習い事や塾などいくらかかるのか気になる人は読んでみてください。先を見据えて準備しておきましょう。

中学校入学前の準備しておくものは?費用はいくら用意すればいいの?

中学校入学前に準備しておくものとその費用の内訳はこのようになります。中学校入学前におおよそ10~15万円を準備しておくと安心です。中学校(公立・私立)や地域によって違いはありますので事前の説明会(1月~2月)などで確認してください。それから準備を始めても十分間に合いますので慌てる必要はありませんが、お金がいくら必要かは把握して準備しておいた方がいいですね。

学用品・文房具類の費用(筆箱・鉛筆・色鉛筆など) 1万円
通学で必要な備品類の費用(手提げバッグ・給食用ランチョンマットと袋・体操着袋・上履き袋など) 1万円
カバン 1~2万円
学校で使う備品類の費用(体操服・ジャージ・水着・指定上履き) 2万円
学校の制服(冬用、夏用)(ブレザー、ボトムorスカート、Yシャツorブラウス、ベルト) 4万円
通学靴 1~2万円
合計 10~15万円

この他にも部屋の本棚、自転車などを購入するための費用を考えるとあらかじめ想定して準備しておけば安心です。

ちなみに我が家は、中学校を卒業する先輩から譲ってもらったり、メ○カリを活用したりで工夫するといいものを安く手に入れることができました。

中学校に入学後かかる費用は年間これくらい。

【総額】中学校に入学してからは費用は1年間でいくらかかるのでしょうか?実態を調査した「文部科学省の平成28年度の子どもの学習調査の結果」によると、公立中学校で約48万円、私立中学校で133万円となっています。公立中学校では、学校にかかる費用は年間18万円程度ですが、塾や習い事などの学校外教育費が30万円を超えます。私立中学校に進学した子どもは学費もそうですが、塾など学校外でかかる金額も大きいのが特徴です。

公立中学校 総額 478,554
学校教育費 133,640
学校給食費 43,730
学校外教育費 301,184
私立中学校 総額 1,326,933
学校教育費 997,435
学校給食費 8,566
学校外教育費 320,932

【学校教育費】内訳は以下の円グラフを参考にしてください(文部科学省「平成28年度子供の学習費調査の結果」より)。公立小学校では授業料は0円ですが、修学旅行や遠足にかかる費用、教科外活動費、学用品や実習材料費がかかります。

 

【学校外費用】内訳は以下の通りです。(文部科学省「平成28年度子供の学習費調査の結果」より)学習塾の他にも、スポーツや音楽系の習い事にかかる費用の割合が多いようです。学校外費用は子どもと親が自由に選択できるものですので、家計の状況に合わせて塾に行くか習い事をするかを決めたいですね。

 

高校・大学といくらかかる?費用はどんどん大きくなる。

幼稚園から高校までの学習費用の総額を公立と私立に分けてみてみると以下のようになります(文部科学省「平成28年度子供の学習費調査の結果」)。ポイントは2つ。子どもが成長するにしたがって費用は大きくなっていきます。大学進学するとなると更に費用はかかります。小学校で費用がかかりながら将来の費用も準備するために家計はいまのままでは大丈夫とは言えないかもしれません。

  • 進路(公立か私立か)によって費用は違う。
  • 小中高と進学するにつれてかかる費用は大きくなる。
公立 私立
幼稚園 233,945 482,392
小学校 322,310 1,528,237
中学校 478,554 1,326,933
高校 450,862 1,040,168

今。将来の子どもにかかる費用を準備するポイント

上記の学習費用の総額を見ると、子どもが幼稚園や小学生のうちは学校等にかかる費用も少ない時期です。家計全体を見ても子どもが成長するにつれて食費・日用品などの「生活費」や「レジャー費」の支出も大きくなります。子どもが小さければ小さいほど将来の教育費を準備する時間はあります。「大学に入学して、もっと早くから準備しておけばよかった」と後悔しないように以下の5つのポイントを参考にして今から準備していきましょう。

  1. 総額はいくらか、このままではいくら足りないかを把握する。
  2. 生活費、住宅費用や老後資金も含めてトータルで把握する。
  3. どう準備するか計画をたてる。
  4. 計画通りに準備できているか定期的に確認する。
  5. 子どもが小さいうちから準備する。

「教育費・住宅資金・老後資金など必要なお金を準備してゆとりのあるゆたかな人生を実現したい」そう思っている皆さん。「甘くない!教育費の話セミナー」で備え方とその考え方を学び、直ぐに教育費の準備を始めませんか。一緒に学びましょう!

甘くない子どもの教育費の話!

~まだ間に合う!家計改善の5つのポイント!~

日時:2019年4月21日(日)10:00-12:00

受講料:3000円

講師:矢野智章

会場:札幌エルプラザ

お申込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/bd4c5703377686

甘くない教育費の話~まだ間に合う・家計改善の5つのポイント~

 

-未分類

Copyright© 傍楽FPクリニック , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.