もらえると思っていた友人・・・奨学金の話

 

奨学金って・・・もらえるものだとずっと思っていたよ・・・

えっ???

確かに返さなくていいものもあるけど、基本返すものと考えといた方がいいよ・・・

こんな会話が、先日あったので・・・奨学金について書きたいと思います。

 

まず、教育費の準備についてですが、

(具体的な奨学金の話は後半部分で)

教育費も含め、人生で必要になってくるお金を準備するやり方は、

貯める、稼ぐ、利子配当を得る、殖やす、借りる、贈与・・・

など、いろいろあります。

 

子どもが小学生であれば、大学入学まで必要な金額を準備する時間があるので、

奨学金に加えて、準備する手段の選択肢は増えます。

行き当たりばったりで、大学入学直前に、お金がない、足りない・・・となると、

教育費を準備する手段も限られますし、子どもの進路も用意できるお金で

行けるところというように・・・進路が制限されてしまします。

準備する時間がある方が、さまざまな準備方法からメリット、デメリットを考慮して

選択できます。

 

例えば、国立大学に進学を希望して、下宿する場合、4年間で1000万円必要になる。

親としてどこまで準備するのか?

準備する期間はあと何年あるか?

その金額は貯金だけで準備が可能か?

 

・・・このように計画を立てることで、

その家庭の家計にあった、手段を組み合わせて準備することが可能になります。

 

教育費の準備で、奨学金を選択する場合、借りることができたからそれで

万事OKとはいきません。返すことも考える必要があります。

 

マスコミでも取り上げられているように、借りても、卒業後、

返せないという現状が問題になっています。

日本学生支援機構の報告(2016年度)によると、期限までの返済が遅延している

奨学金は総額でなんと、880億円にも上っているのです。

 

奨学金は、子どもの名義ですので、社会人になって子ども自身が自分で返済する

ことになります。進路によっては、返済が厳しい状況も生じているのが現実です。

 

現在、学生の二人に一人は奨学金を利用しています。

背景には、学費や生活費の上昇に加え、学生の収入に占める家庭からの仕送りの

割合が減少していることも考えられます。

 

家庭によって、家計の状況は違いますが、

他の支出を考えながら、早め早め(子どもが小学生時代)にライフプランを立てて、

準備に取り掛かることで、教育費を準備する手段の選択肢は広がり、

ムリやムダのない準備につながりますよ~。

 

以下は、奨学金の種類や返済に関して掲載しました。ご参照ください。

 

【参照】

〇日本学生支援機構の奨学金

返済義務のある「貸与型」の制度です。

無利息の「第一種」と利息(上限3%、実際の利率は固定0.16%:2016年3月貸与終了者)が付く「第二種」の2種類があります。

第一種

無利息の奨学金です。学校の種別、通学形態により月々の奨学金の支給額が決められています。成績基準と、家庭の収入状況で審査される。全員が採用されるわけではありません。

第二種

進学先や通学形態にかかわらず、月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から希望する金額を自由に選択できます。成績基準はなく、家庭の収入が基準以下であれば可能です。在学期間中は利息が発生しないが、返済時に利息が加わります。 奨学金利用者の7割以上がこの第二種を利用しています。

〇月々の返済額の目安

4年制大学の場合(貸与期間:48ヶ月)

■第一種

進路 貸与月額 返済月額 返済年数
国公立 自宅 45,000円 12,857 14年
自宅外 51,000円 13,600 15年
私立 自宅 54,000円 14,400 15年
自宅外 64,000円 14,222 18年

■第二種

返済利率 貸与月額 返済月額 返済年数
1.0% 50,000円 14,428 15年
1.0% 80,000円 17,737 20年
1.0% 100,000円 22,172 20年
1.0% 120,000円 26,606 20年

(奨学金なるほど相談所HP:奨学金返済シュミレーションより)

〇その他の奨学金

全国の大学・短大の独自奨学金・減免制度

都道府県・民間団体の奨学金

看護・医療・福祉系の奨学金

母子父子家庭対象の奨学金

新聞奨学金

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。