お金と夫婦円満の秘訣とは?

先日、月一回の相談でお客様宅に伺った時のこと

奥さんがしみじみおっしゃいました。

 

「お金と家計の相談、お願いしてよかったわ~」

 

ライフプランをつくる時に家族の将来について

考えたり話し合ったり。

毎月、夫婦で家計の収支を確認し相談したり。

 

旦那さんも家計の状況をよく理解してくれるようになり

凄く前向きに、お金も含めた今と将来の話をすることが

できているとのことでとても楽しそうでした!

 

 

相談する前の夫婦はどうだったのでしょう?

 

家計は奥さんに任せきり、旦那さんはこづかい制。

家計のやりくりと、子どもの教育費や老後に向けた蓄えが

ほんとにこのままでいいのか・・・

奥さんは一人で不安を抱えていたようです。

 

考えると辛いですね。

 

旦那さんは疲れて帰ってきて、

お金のこと、将来のことを話したいけれど

ゆっくり話す時間も、余裕もない・・・

 

しかし旦那さんは自分の買いたいものは、ポンと買ってしまう・・・

私は我慢しているのに・・・

家庭によっては、逆もあり、

旦那さんはこづかい制で切り詰められている。

一方、奥さんの方がママ友との付き合いで、

使っていることも。

 

今でこそお二人とも楽しそうに話されますが以前は

こんな状況だったようです。

 

夫婦喧嘩の原因

 

「夫婦喧嘩、原因」で検索して

いろいろな記事やデータを見てみると

夫婦喧嘩の原因はほとんどが

以下4つに集約されるようです。

 

1.給料や生活費、こづかいなどお金に関すること

2.子どもの教育費も含めた教育方針、

3.コミュニケーション不足

4.性格の不一致、価値観が合わない

 

直接お金が原因になることも多いのですが、

コミュニケーションや価値観といった原因の根底には

お金に関連することも多いようです。

お金のために生きているわけではないにしても、

日々の生活や夫婦仲への影響が大きいことは

否定できませんね。

 

これは日本だけではないようで、国が変わっても

夫婦仲に影響が大きいのはお金のようです。

アメリカでも夫婦仲に影響を与えるのはお金が1位。

1.お金

2.浮気

3.コミュニケーション不足

 

昔から、日本のことわざにもお金にまつわるものが

ありますね。

時代が変わってもお金と人間関係には深~い因縁が

あるのでしょうか(笑)

 

金の切れ目が縁の切れ目

愛想つかしは金から起きる

  意味:男女の関係で心が離れる原因になるのはお金が絡むもの

金あれば馬鹿も旦那

意味:お金があれば馬鹿でも旦那さんと持ち上げられるこちから、

     人柄よりも金が威光のもとになるというたとえ。

 

お金で喧嘩になる夫婦もあれば、

お金のことを話し合って円満な夫婦もある。

 

お金のことで円満な夫婦がやっていて、

喧嘩する夫婦がやっていないこと・・・

違いはなんなんでしょう??

 

 

お客様を見ていて思う夫婦円満の秘訣

 

1.  人生の共通の目的があり、実現のために

    十分なコミュニケーションをとっている。

 

→夫婦、家族の今と将来の望む姿を確認し(ライフプランをつくる)

その実現のために定期的に確認し修正している。

必然的にコミュニケーションが取れている。

 

2.お互いのお金の価値観を知り、

  共通点や違うことを確認している

 

→夫婦、家族それぞれの将来の望む姿を確認しているので

価値観を知りその違いも理解して応援できている。

 

3.目的の達成する手段として、

  定期的に前向きにお金の話をしている

 

→お金は夫婦お互い、家族が望む姿を実現するための

手段であり、いついくら必要か分かっている。

必要なお金を備えた先にあるものが見えるので

話は前向きになる。(時には喧嘩もありますが(笑))

 

シンプルにまとめるとこの3つでしょうか。

是非習慣として継続して欲しいです。

 

時は金なり

 

課題があると感じるのであれば先延ばしにせず、

夫婦で目的を確認したり、

お金と家計のコミュニケーションをとることで

夫婦円満、家族の幸せを実現して欲しいものです。

(自分にも言い聞かせます(笑))

 

お金と家計の専門家として、これからも

そんなお手伝いを今後もしていければなあと思います。

 

そうそう私のような第三者がいてくれることがとても

ありがたいと言っていただきました。

それも一つのポイントかもしれませんね(笑)